ビジネスクラス機内食

トラベル(海外)

美しい朝焼けに始まり、朝焼けに終わる旅。(LH923, NH204 / LHR-FRA-HND / Business Class)

ロンドンでの所用を終えて日本に帰ります。直行便は使わず、ロンドンからはまずルフトハンザの近距離ビジネスクラスを利用してフランクフルトへ。そこからはお馴染みのANAビジネスクラス(NH204便)で帰ります。素晴らしい朝焼けにも恵まれ、ロンドンで見つけた美味しいイタリアンなど最高の旅となりました。
トラベル(海外)

日本で乗れないジェット旅客機『Avro RJ-100』に乗りロンドンへ!(Business Class / NRT-BRU-LHR / ANA & Brussels Airlines)

日本では乗ることができないジェット旅客機に「Avro RJ-100」というものがあります。今回は幸運にもブリュッセルからロンドンへの移動の際に同機に乗ることができましたのでその様子をお伝えしたいと思います。小型ジェット旅客機には珍しい高翼、4発、エアブレーキ装備のかなり面白い機体です。ただのロンドンへの移動が大きなイベントとなってしまい大興奮の旅をご覧ください。
トラベル(海外)

ANAビジネスクラスで成田へ!消えゆくビジネススタッガードを787で愉しむ(NH232 / BRU-NRT / Business Class)

コロナショックでなかなか旅ができませんが、せっかくの機会ですのでお蔵入りネタからご紹介です。ANAのビジネスクラスを利用してブリュッセルからボーイング787に乗って成田へ帰ります。ロンドンの街並みやコネクションで利用した英国航空の短距離便の様子もお楽しみください!
2020.04.18
トラベル(海外)

2020年!ANAニューヨーク便『THE Room』搭乗記! : 成田 → ニューヨーク (NH10 / NRT-JFK / Business Class)

ついに様々な条件が整いANAの新ビジネスクラスシートとなる『THE Room』搭乗です。前評判通りの神シートだったのか?そしてシートの使い心地は?寝心地は?など出来る限りの情報をリポートしてみようと思います。・・・いやいや、これビジネスクラスなのかなぁ?並みのファーストじゃぁ勝てない座席でしたよ?お楽しみください!
2020.04.18
トラベル(海外)

【フライト動画】NH110(羽田→ニューヨーク)離陸から着陸までのハイライト映像

「ANA110便(NH110)羽田→ニューヨーク」の離陸から着陸までの機窓風景のハイライト映像です。約12時間のフライトを10分に。
2020.02.28
トラベル(海外)

ANAビジネスクラス搭乗記 : 羽田 → ニューヨーク (NH110 / HND-JFK / Business Class) 2019年/12月

師走の忙しい時期に国際線乗り納めとなるニューヨークへの旅の様子をご紹介します。往路はANAのビジネスクラスを利用して羽田からです。サービスのマイナーアップデートがあったビジネスクラスの機内食は想像を超え見事にアップグレードされていました。
2020.03.09
トラベル(海外)

シンガポール航空ビジネスクラス搭乗記 : シンガポール → 成田 (SG12 / SIN-NRT / Business Class)

シンガポール航空を利用してフランクフルトを「シンガポール経由」で往復してやろうという非効率企画最終章です。シンガポールからSQ12便ビジネスクラスの様子をご紹介します。一体私はこの週何時間を空の上で過ごしていたのでしょう・・・。
トラベル(海外)

シンガポール航空ビジネスクラス搭乗記 : パリ → シンガポール (SG335 / CDG-SIN / Business Class)

フランクフルトモーターショウを軽くのぞいてから日本へ帰ろうと思います。帰路もシンガポール航空のビジネスクラスを乗り継いで24時間近くかけ、シンガポール経由を選択。とても長時間の移動ですが、広く快適なビジネスクラスシートのおかげで疲れ知らずの旅をすることができました。まずはファーストレグの様子をご覧ください。
2020.03.16
トラベル(海外)

移動時間24時間超!シンガポール航空ビジネスクラス搭乗記 : 羽田 → シンガポール → フランクフルト (SG635 / HND-SIN & SQ326 / SIN-FRA / Business Class)

総移動時間24時間超!機内滞在時間18時間超!のアホな旅程でフランクフルトまで移動します。選んだのはファーストクラス並みに広いと評判のシンガポール航空・ビジネスクラスです。圧倒的な広さと、快適なベッド、途中で体調を崩した私は無事このシートの恩恵を感じながら目的地へたどり着けたのでしょうか?
2020.03.16
スポンサーリンク