ANA Domestic Flight

ひこうきネタ

プレミアムクラス搭乗記 : 6年分を徹底比較?!ANA プレミアムクラス機内食図鑑(2009-2015)!(ANA Domestic Flight / Premium Class / Inflight meal special)

海外ネタが続いていますので、ちょっと箸休めに国内ネタも。 今回は写真が全てiPhoneによるものですので、その点はご容赦ください。 国内の旅行・出張でも過去の搭乗実績からお分かりの様に基本はANA便を使用しています。過去マイレージなどに関心を示していなかった若かりし頃などは「行き先に応じて」、「・・・【続きは本編をご覧ください】
2019.03.09
トラベル(国内)

ANA国内線搭乗記:ANAプレミアムクラスで神戸へ! / 羽田 → 神戸(NH0415 / HND-UKB / Premium Class)

週末に突然神戸出張が確定したため、バタバタと便を予約しての神戸入りです(珍しくリアルタイムの話題を記事にしていますね・・・)。 小雨の降りしきる夕方の東京湾岸の混み合うトラフィックを愛車でかき分けながら、いつもの通り羽田空港第3駐車場へ車を滑り込ませます。・・・久しぶりに遊び用のスポーツカーの方で・・・【続きは本編をご覧ください】
2019.03.09
トラベル(国内)

ANA国内線搭乗記:ANAプレミアムクラスで福岡から羽田へ(NH254 / FUK-HND / Premium Class)

◆ ここまでの旅行記はこちら。①名古屋旅行記:たまには新幹線グリーン車を楽しみましょうか。(Shinkansen / N700A / Green-Car) ②名古屋旅行記:ヒルトン名古屋・エクゼクティブスイートルームで一晩を。(Hilton Nagoya / Executive Suite Room・・・【続きは本編をご覧ください】
2019.03.08
トラベル(国内)

ANA国内線搭乗記:ANA19便プレミアムクラスで伊丹へ!/ 羽田 → 伊丹(NH19 / HND-ITM / Premium Class)

今年はちょいちょい国内での移動が重なる流れらしく、本日も一泊二日での大阪です。この時期にしては冷たい雨が降りしきる東京湾岸を車で移動し、いつもの羽田空港「P3」へ車を滑り込ませます。 ちゃちゃっとチェックインを済ませ「ANA Suite Lounge」へ。朝なので、日本各地へ出発するビジネスパー・・・【続きは本編をご覧ください】
2019.03.08
トラベル(国内)

ANA国内線搭乗記:滞在時間数時間・・・土曜の朝のお買いもので新千歳を弾丸往復① / 羽田 → 新千歳(NH987 / HND-CTS)

とある土曜日の朝、まだ暗い湾岸線を走り通い慣れた羽田を目指します。・・・今日はなんとなく食べたくなった北海道の食べ物を買い出しに行くために朝一の便で新千歳空港へ向かおうと思います。まぁ、定期的な空のパトロールみたいなものですので、そんな大それた目的があるわけでもなく、新千歳でちょいちょいお土産を・・・【続きは本編をご覧ください】
2019.03.08
トラベル(国内)

ANA国内線搭乗記:滞在時間数時間・・・土曜の朝のお買いもので新千歳を弾丸往復② / 新千歳 → 羽田(NH58 / CTS-HND)

●前回の記事はコチラ →「雑記:滞在時間数時間・・・土曜の朝のお買いもので新千歳を弾丸往復①(NH987 / HND-CTS)」 ◆ さて、無事に新千歳に到着した訳ですが、ぶっちゃけ買い物だけに来ているので空港から出る訳でもなく「お腹がすいたなぁ・・・」ということで、喫煙も兼ねてルーティンの行動を・・・【続きは本編をご覧ください】
2019.03.08
未分類

ANA国内線搭乗記:また日帰り札幌へ!懲りずに始発&最終便の旅① / 羽田 → 新千歳(NH987 / HND-CTS)

この前新千歳午前中往復のわけのわからない移動をしたばっかなのですが、今回も所用で札幌を日帰り往復するというなんだか訳のわからない土曜日の使い方をしていました。 ◆ 【土曜日午前中買い物の旅の記事はこちら】 往路:「雑記:滞在時間数時間・・・土曜の朝のお買いもので新千歳を弾丸往復①(NH987 / ・・・【続きは本編をご覧ください】
2019.03.08
トラベル(国内)

ANA国内線搭乗記:また日帰り札幌へ!懲りずに始発&最終便の旅② / 新千歳 → 羽田(NH988 / CTS-HND)

【前回の記事はこちら!】 「雑記:また日帰り札幌へ!懲りずに始発&最終便の旅①(NH987 / HND-CTS)」 ◆ さぁ空港を抜け出し、札幌の中心部まで来てみますと抜ける様な青空の元、強烈な日差しが照りつける初夏の装いです。ここ大通り公園には多くの地元の方々と観光客が繰り出し、北欧さながら・・・【続きは本編をご覧ください】
2019.03.08