【洗車ネタ】東京のおすすめコイン洗車場・・・都心部の救世主・東雲『A-PIT』について!

クルマ関係

結構ものぐさな性格なので「洗車」はとにかく苦手だったんですが、911購入以降自分で洗車をする機会・・・というか意欲が増えまして(笑)、冬のクソさっむい時期も自分で洗車場で洗うようになったんですが、そうなるとやはり気になるのは「洗車グッズ」ですよね。

といっても、バリバリの洗車オタクではありませんので、洗車を極めている方々からすればたいしたこだわりでも、グッズ量でも、ノウハウもある訳ではないんですが、ものぐさなりに短時間でできるだけ愛車を綺麗にしようという意欲はあるかと思いますので、今回は普段の洗車で使用している主だった洗車グッズをご紹介しようと思います。

ご自身でバフ掛けや、コンパウンドを使用した磨き、徹底的に車両を分解して清掃する・・・的な方にはな〜んも参考にならないと思います。あくまで「ご自身の愛車を洗うことが楽しい!」という趣味レベルでの洗車におけるちょっとした情報を欲している方向けの投稿になるかと思います。
スポンサーリンク

●コイン洗車場は東雲の『A-PIT』!

近年都心部では圧倒的に「コイン洗車場」なるものが減ってきておりまして、ほぼ絶滅危惧種かと思われます。故に「KeePer Labo」や、「Car Wash Ocean」等で洗車を頼む方や、ガススタの手洗い洗車を利用する方が多いと思うんですが、まぁ自分で洗うと細かい傷や部品の劣化などに気づき、早期交換・修理にもつながりますし、何より愛車との距離がより縮むので「できることならご自身で洗車をしたい」と思われている方は多いのではないかと思います。

Photo by Autobacs Seven Co., Ltd.

私も上記のように考えるタイプでして、いろいろ場所を探していたんですが、たまたま近所に素晴らしい空間があることに気づき愛用しているのがこの「A-PIT AUTOBACKS SINONOME(旧:東雲 SUPER AUTOBACKS)」です。2018年11月末にオートバックスグループのフラッグシップショップとして、カルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)からライフスタイル別売り場についての提案を受け、「クルマもヒトもピットイン」をコンセプトにクルマと共に過ごす居心地のいい空間を演出を目標にオープンしました。クルマ好きには“ワクワクする楽しさ”を提供するとともに、“BOOK&CAFÉ”スタイルを導入することで、家族や友人といった幅広い世代の人々が一緒に楽しめる店舗を目指す、といったコンセプトで完全リニューアルされたようです。

Photo by Autobacs Seven Co., Ltd.

作業用ピットとかも普通にかっちょいいですよね(作業頼んだことないけど・・・)。

スプレー式高圧洗浄機が5台!室内清掃用掃除機ブースも2台分!

Photo by Autobacs Seven Co., Ltd.

多少メニューが限られている気もしますが、スターバックスが入っているのは便利ですね。結構長居している方を見かけます。

蔵書はかなりの数であり、ライフスタイルからビジネス、専門書まで充実したバリエーションでセレクトされています。

店舗内に「TSUTAYA BOOKS」が入っていたり「STARBUCKS」が入っていたり、とおよそクルマ用品のお店とは思えないオシャンな内装を誇るこのお店ですが、元々の「クルマ用品店」としての矜持はしっかり保たれ、且つよりクルマ好きに優しいお店としての機能も充実されていたことが単なる表面的な改装ではなかったことを表していると思います。その代表とも言えるのが「セルフ洗車エリア(要するにコイン洗車場)」の併設。・・・駐車場の奥になんと5台分のスプレー式高圧洗浄機と、2台の室内掃除機が設置され、廉価で心ゆくまで愛車を磨くことができる空間があるんです。

ご覧のように清潔感があり、開放的な空間ですよね。1台分の横幅(占有スペース)も非常に広く、実際の使い勝手も素晴らしいです。・・・土日は多数のクルマ好きで混雑しますので、もっぱら私は平日昼間か、夜の時間帯にお邪魔しています。平日利用ですと、今まで洗車ブースに入るのに待ったことも、利用者が待っていて気分的に急かされた経験もありません。(・・・まぁ、平日のド昼間から洗車できる環境でお仕事なされている方が少ない・・・というのは重々あると思いますが。)

コイン洗車場としては最大級だと思える1台分の占有スペース!

ハイルーフやSUV車向けの足場が備わっているブースは左側の2つとなっています。洗車ノズルのホースが高い位置でキープされるように支持具が付いていれば言うことないんですけどね。とはいえ、結構皆さん綺麗に使ってくれているので(民度は高い洗車場)快適に洗車することができますよ。

気になるスプレー式高圧洗浄機のお値段ですが、都心とは思えないリーズナブルなプライシングとなっています。ラインナップは下記表をご覧ください。

メニューNo. メニュー名 価格
A 水洗車(5分) 300円
B シャンプー洗車(5分) 500円
C 泡洗車(9.5分) 700円
D 超撥水洗車(9分) 800円
E 泡+超撥水洗車(13.5分) 900円
F 超撥水(5分)※撥水コートのみの施工 600円

日陰でゆっくり拭き上げられる最高の環境!

尚、洗車後の拭き上げは隣に専用の拭き上げスペースが4台分用意されていますし、洗車場の目の前は自走式立体駐車場ですので、晴れた日はここの1Fにそのままクルマを入れてしまえば日陰空間でゆっくり後処理をすることができます。(※私は大抵洗車場内で軽く拭き上げをして、そのままこの1Fにクルマをすすめ、ゆっくりと細かい拭き上げや後処理をしています。)多くのコイン洗車場が青空環境ですので、真夏などの洗車(・・・まぁ、真夏の真昼間に洗車する人少ないでしょうけど)時にピーカンの太陽に洗車後のボディが照らされちゃうと思わぬ水染の原因にもなるので気になる所ですよね、こういうった点でもこの「A-PIT」の環境は恵まれていると思います。

※コイン洗車利用の場合、駐車場は無料にはなりません。駐車料金は最初の1時間が無料で、その後30分毎に300円が加算され、最大料金が3,000円となっています。店内で2,000円以上を買物すると最大合計2時間分が無料、そして作業を依頼した場合は作業時間分が無料となります。ですので、3時間程度洗車で利用した場合は1,200円程度の駐車料金がかかりますので、覚えておいてください。

洗車は22:00ジャストに機械が止まりますのでそれまでしか出来ませんが、駐車場は24時間出庫可能ですので21時に入って、23:30位に出庫するというような使い方も可能ですよ。

「あ!あれ持っていれば・・・」が発生しない、そう隣はクルマ用品店(笑)

当然洗車用具などはマニアックなもの含め、膨大なバリエーションが揃っているので見ているだけでも楽しいですよ!

意外と洗車をしている際に思わず見つけてしまった傷や染み、さらには時間があるのでここをもっと磨きたいなぁ・・・なんて思っても普通のコイン洗車場では「一度洗車場を出て、クルマ用品を買いに行き、また戻ってくる」必要が発生し、かなりの時間ロスが生まれてしまいます。その点「A-PIT」であれば「あら・・・カーシャンプ-切れてもうた・・・」とか、「今日は時間があるからゆっくり内装も拭きあげよう」なんて思った際に隣の棟へ歩いていけばなんでも必要な部材は手に入ってしまうんですよね(笑)。

地味にこのマイクロファイバークロス買い足して作業してます(笑)

実際私も洗車中にうっかりカーシャンプをひっくり返して中身を全てぶちまけた・・・とか、気になる水垢を見つけて水垢取りが欲しくなった・・・とか、マイクロファイバークロスが切れた・・・なんて際、この恩恵受けまくっています。特に普段ポルシェのトランクには最低限の洗車グッズしか積んでいませんので、意外と「あ、あれ持ってきてない!」ってのあるんですよね(笑)。

どうでもいいけど、洗車機の隣には自販機&喫煙スペースあり

意外と洗車ってそこそこの時間その場所にいますよね。洗って拭き上げだけでしたら、ものの30分かもしれませんが、ゆっくりと拭きあげ後の処理をして、場合によっては簡易コーティング剤やイオンデポジット処理をしたり、内装をしっかり拭き上げ、タイヤ・ホイールも磨き・・・とやっていると軽く2時間3時間は経ってしまいます。まぁ、クルマ好きの方はその時間を楽しんでいるので時間経過そのものは苦痛ではないと思いますが、やはり喉は乾きますし、私の場合はタバコも吸いたくなります。そんな時「A-PIT」ですと、洗車機の横に自販機+喫煙ブースが設けられていますので、ちょっと休憩・・・が実現するんですよね。しかも磨き途中の愛車を眺めながら。実際この喫煙ブースで同じポルシェに乗る方との雑談に花が咲いたり、隣のライコランドで実演販売されている業者の方との雑談に花が咲いたり、基本クルマやバイク好きの方しかいない空間ですので休憩時間まで楽しめちゃうんですよね(笑)。

ブースの中も必要十分な広さです。地味にこの椅子座ってると隣のブースの泡沫が降り注ぐ時はありますが(笑)。

アクセスは湾岸線経由が便利!

「A-PIT」は有明・・・と言いますか「東雲(しののめ)」に所在していますので、アクセスは基本的には「首都高速湾岸線」を利用するのが便利だと思います。適切な最寄りのインターチェンジがないんですが「10号出口」か「新木場IC」を降りてUターンとか、「お台場」で降りてR357をずーっと真っ直ぐ来るのもそれほど不便ではないかと。・・・まぁ色々あるかと思います。運良く私は下道でリーチできる距離に住んでいますので普段は下道でちょちょっと走れば「A-PIT」です。かつての「スーパーオートバックス東雲」に通われていた方であれば、同じ場所ですのですぐわかると思います。

アウトドアグッズがかなり充実して売られているので、車用品以外にも買い物を楽しめる空間だと思います。

お子様連れでも安心なボーネルンドとのコラボによるキッズスペースも完備されています。(Photo by Autobacs Seven Co., Ltd. )

とにかくなかなか居住圏内に「コイン洗車場」がなくて困っていらっしゃる方も多いと思いますが、ちょっとしたイベント気分でお出かけになられてもいいかもしれません。家族連れでいらっしゃっても、洗車中ご家族は上の「A-PIT」でお茶や読書をするという過ごし方もありますので。まぁ注意点といえば、恐ろしく豊富な洗車グッズが売られていますので、思わず色々買ってしまう・・・という「A-PIT」の術中にハマる可能性は否定できません(笑)。

◆◆◆

ということで思わず「洗車場ネタ」だけでかなりの分量力説してしまいました・・・(汗)。実際の私の洗車グッズ系のご紹介は次回に持ち越したいと思います。まぁ、お分かりでしょうがコイン洗車場でせっせと勤しむレベルですので、あまり含蓄のあるノウハウ公開にはならないですけど、こんな感じで普段洗っているのか・・・位は分かっていただける記事を目指そうと思います。「A-PIT」で私らしき人間を見かけたら、いじめず温かい目でお声がけいただけますと幸いです!

【A-PIT東雲】
所在地 〒135-0062 東京都江東区東雲2-7-20
営業時間 9:00〜22:00 不定休
作業受付締切 20:30 ※御予約が埋まり次第終了となります
作業予約電話番号 0120-14-8803
電話番号 03-3528-0357

ではまた!

◆◆◆

●911で関西までツーリングに行った際の記事はこちら!(3部作です)

●Audi RS3のインプレッション記事はこちら!

●Porsche 718Caymanのインプレッション記事はこちら!

【コメント・メッセージ】

//コメントを表示する場合に相当するこの部分にあったを削除しました